たいちのブログ

belong:Titech→化学を専攻/Interest:Education→教育事業NATS代表/New experiences→毎週なんかします/hamburger→大好き/Horse Racing→地方競馬中心/Idol→ハロプロ、フィロのス推し

競馬で一生儲ける方法 3日目 マーチンゲール法は競馬に適応できる?①

いつの日の札幌競馬場の景色です。

この日はかなり負けました。

f:id:taichi6930-tokyojihen-pelusa:20180821144829p:plain

 

結局長い時間空いてしまいましたね。3日坊主も出来ない、もはや怠け者以下です。

 

 

前回までの流れは下に。

 

taichi6930-tokyojihen-pelusa.hatenablog.com

taichi6930-tokyojihen-pelusa.hatenablog.com

 

 

前回、マーチンゲール法をルーレットに適用したら、なんやかんやで大儲けしました。

 

しかし、実際カジノの場ではこの方法使っていたら追い出されてしまいます。(それぐらい簡単に勝ててしまうようですね。やったことないので分からないですが。)

 

では、競馬でこの方法を適用したらどうなるのでしょう。

 

 

 

 

とはいっても、ルーレットとは違う点が少しあるので、シミュレーション時にちょっと条件を変えて行う必要があります。

 

競馬とルーレットの違うところは、

当たる確率がルーレットに比べて低い

(ルーレットではカラー、競馬では1番人気の単勝

単勝とは、1着になる馬を当てる馬券です。

→これからの実験では1番人気の馬券のみを買って行くことにします。

ネットでちょっと調べたところ、単勝1番人気の勝率は33%のようなので今回はこれを使っていきます。

 

配当倍率が毎回変化する

(カラーは2倍だが、競馬は毎レース異なる)

→レース毎に配当は変わって来ます。

 かなり人気のある馬(例えばディープインパクト)とかは1.0倍の時もありました。

 軽く平均をとると2.4倍でした。

 

 

いきなり二つの条件を変えてもいいのですが、今回は

①を変化させて、②は固定して考えることにします。(傾向が見やすい)

 

単勝オッズは33%でどのレースが当たるかはランダムに、配当は2.4倍で固定させましょう。

 

 

では早速シミュレーションをしてみました。実験方法は以下の通りです。

 

【実験方法】

・賭け方はマーチンゲール法

・初期投資額は10000円

・ひたすら2.4倍の単勝1番人気(勝率33%)にBETする

・乱数を使って33%の確率で1番人気が勝つように決定

・これを100回繰り返す

 

 

もうさっさと結果に言ってしまいましょう。 

下の図は上記の方法を2000回繰り返したものを平均した結果です。

 

f:id:taichi6930-tokyojihen-pelusa:20180827004619p:plain

 

10000円がなんと、6000万になってしまいました!!!!!

80回以上のところからの伸びがとんでもないですね!!!

 

…よく見てみると、大きくプラスになる前に、かなりマイナスになってますね…

この値を調べてみると、約-600万でしたね…

 

 

上の結果から、 100レース連続で馬券を買うと、一番マイナスになる時の10倍の金額が儲かるようになると考えられます。

例えば、100レースで10000円元手があれば10万儲かるという話です。

そこで儲けた10万を元手に100レース買えば100万になり…

その後レースを続けていけばあっという間に1億を超えてしまいます。(!!!)

 

あくまで理論上の話ですが、この結果からは誰でも元手があれば競馬に勝つことになりそうですね。

 

 

今回は導入の説明が長くなってしまったのでこんな感じで終わりにします。

 

明日は、オッズが変動した時はどういったシミュレーションになるかです。

 

 

明日更新できるかな…