たいちのブログ

belong:Titech→化学を専攻/Interest:Education→教育事業NATS代表/New experiences→毎週なんかします/hamburger→大好き/Horse Racing→地方競馬中心/Idol→ハロプロ、フィロのス推し

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

大学の近くにあるハンバーグ屋さんです。

ハンバーグが肉々しくて、美味しかったです。

f:id:taichi6930-tokyojihen-pelusa:20181002121420p:plain

 

読者の方もだいぶ増えました。本当にありがとうございます。

どんなテーマにしたら喜んでもらえるのか…と考えていると毎日夜も眠れません。

てなわけで今日もしっかり遅寝遅起きしたところで、今日は短めに、日々思っていることを。自戒でもあるのですが。

 

今日のテーマは、

 

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

 

 

もっとフランクに言うのなら、

 

 

分からないなら分かるまで聞けばいい!!

 

 

 

今までに、計15人程度の生徒達の塾講師・家庭教師をしてきました。

 

そのうちの一人の話をしたいと思います。

 

 

基本的にカリキュラムなんか組んでも「学校の授業が忙しい…」とその子が言ってしまうので、そんなの組まずに学校の授業に沿って臨機応変に対応をするというスタイルを取っています。

 

 

 

毎週授業をするときに、「何か学校で分からないことがあった?」と聞いて、そこからやろうとするのですが、 その子は毎回

 

「ありません」

 

そうか!何もないのね!すごい!

 

そんな言葉を鵜呑みにして、その時にやった問題をやらせてみると、

 

全く出来てない!!!

 

むしろ授業の何を理解していたんだ…と思わせるぐらい全く出来てませんでした。

ということが毎週鬼のように続きました。

 

 

 

 

もちろん、テストも悲惨な結果。

 

そもそも、テスト勉強期間に頑張ってもどうしようもない程度には範囲が広いですし、途中でつまずいちゃってるこの子が挽回する余地は全くありませんでした。

 

 

何でこうなっちゃうのかなー?(某国会議員)

 

 

 

その原因は、簡単に分かりました。

 

 

 

「分からない」ことをそのまま放置していた

 

 

当たり前のことですが、こうやって経験してみないと判明しないものでした。

 

 

 

 

 

学校の授業を思い出して欲しいのですが、

みんな、同じ先生から同じ授業を受けています。

 

先生の話を聞いてるだけで分かる人は一体何人いるでしょうか?

少なくとも、全員ではないでしょう。

 

 

分からないところが出来た瞬間に、人は思考停止になってしまうのです。

 

 

分からなくなることは(本当は)悪いことではありません。

 

質問が出来ないのが問題なのです。

 

しかも、

分かるまで質問をする

 

もちろん、聞く人の都合もあったりするので全て質問することも出来ないので、本読んで調べたら、ググったり、後は他に聞ける人がいるかどうかを探す、なんてことが必要なんです。

 

 

分からなかったらすぐに調べたり、検索かけたり、周りに協力を求めたりする

 

 

これって、勉強だけに限ったことではありません。

仕事をするにも、趣味を磨くにも、同じことです。

 

 

 

「勉強したって意味ないよ!」

 

どういう意図で言っているのかは分かりませんが、今書いたことが分からずにただ勉強が嫌いっていうことで発言しているのなら、

 

 

自分が、「分からなかったらすぐに調べたり、検索かけたり、周りに協力を求めたりすることが出来ない、使えない人間です!」っていうことを胸張って話しているだけです。

 

 

分からなきゃ聞けばいいんです。どんどん質問すりゃいいんです。調べりゃいいんです。多分自分がつまづいてるところは、みんなもつまづくところです。

 

 

質問した時に笑われるかもしれません。

笑っているやつの中にも「俺も分かってなかった!ありがとう!」みたいなやつ沢山います。

皆さんもそうだったことが多々あるでしょう。

 

 

とにかく質問しまくりましょう。

 

あ、質問しまくりすぎると嫌われちゃうので注意。

 

 

今日は短く書こうと思ったのになあ…