たいちのブログ

belong:Titech→化学を専攻/Interest:Education→教育事業NATS代表/New experiences→毎週なんかします/hamburger→大好き/Horse Racing→地方競馬中心/Idol→ハロプロ、フィロのス推し

初めてスケボーをしに行ったら幸せな気持ちになったっていう話 〜実践!そしてまた空を見る!〜

こんにちは。

本当は毎回1つのブログにまとめたいのになんやかんや話を盛り上げちゃって続編になってしまいました。

こうやって分量を考えずにとりあえず長くなったら続き!っていう感じ、書いてる方からしたらとても書きやすいのでおすすめです。

 

てな訳で、今回は前回のブログの続きです。

 

taichi6930-tokyojihen-pelusa.hatenablog.com

 

あと、彼のインスタも。

www.instagram.com

 

彼に連れられて、いろんなことがありながらもとりあえず会場に着きました。

んで、昨日載せれなかった、移動中の自分自身のスケボー姿です。

 

f:id:taichi6930-tokyojihen-pelusa:20180925102228p:plain

f:id:taichi6930-tokyojihen-pelusa:20180925102231p:plain

 

ね。間抜けでしょう。

でも、最初は誰でも手を広げちゃうんですよ。絶対に。

「まっすぐ進む」

こんな当たり前のことが出来ないんです。人間地面に足が付いてないと無力です。

 

 

まあ、そんな話は置いといて、早速スケボー開始!!!!

 

f:id:taichi6930-tokyojihen-pelusa:20180925102253j:plain

手首には金属付き、肘と膝にはプラスチックの防具をつけ、ヘルメットをし、完全装備となった僕は、満を持して、初心者用のリンクに足を踏み入れました。

 

まず、初心者、というかスケボーを楽しむための第一歩は、

スケートボードに乗れる。そんで倒れないようにする。

猿でも分かるような、大前提の状態まで練習しないといけませんでした。

 

 

とりあえず、右足をボードに乗せて、左足で漕ぐ。

そんで、スピードが着いたら、左足をボードに乗せる。

この練習をしていました。

 

なんで、こんな練習をしたかというと、

僕はこんなことすらすぐに習得出来なかったからです。

 

 

左足で漕ぐ。スピードが着いたら、左足をボードに乗せる。すると、

スッテン!!!!!

 

そうです。見ていた景色が一瞬で空に変わる「チャンネル切替現象」が頻繁に起こるのでした。

 

 

「あー、スケボーと俺がしっかり運動量保存則に則しているなぁ…」

 

f:id:taichi6930-tokyojihen-pelusa:20180925130125j:plain

f:id:taichi6930-tokyojihen-pelusa:20180925130129j:plain

 

ボードはとんでもないスピードで壁に直撃していきました。

もちろん、自分は空を向いているので、音でのみ確認が出来ました。

 

 

ちなみにしっかり防具をしているので、全く痛くありません。ヘルメットもつけているのでかなり安全です。

イメージよりもかなり安全なスポーツなんだな、と思いました。

 

とはいえ、30分もしていると、

「ボードの上に乗ってまっすぐ走ることができる」

ここまではなんとかいきました。

運動神経が良くも悪くもない自分でこの程度なので、皆さんも多分このぐらいの時間で出来るようになるでしょう。

 

そんな中、いろんな技を決めながら楽しそうに滑る彼。しかし、自分はどの技よりも

「方向を変えながら滑る」

これが羨ましくてたまりませんでした。

今のままの自分では、壁まで行ったら一度降りないといけないのです。

f:id:taichi6930-tokyojihen-pelusa:20180925102303j:plain

 

彼が滑っている最中に、彼はいろんな人に話しかけ、話しかけられていました。

記憶に残っているのだと、

①とても綺麗な緑髪の奥さん(子供3人連れ)

めちゃめちゃ若いのにもう子供3人も。そしてどうやら毎日来ているようです。

うん、楽しそう。めちゃめちゃ巧かったです。

 

スペイン語を話すアメリカ人

どうやら日本に来てから日にちが浅いようで、スケボーもまだ中級者と行ったところ。

でも一番驚いたのは、

一緒に来ていた彼がスペイン語を話せたことでした。

大学ではスペイン語専攻だったのこと。スラスラと話す姿を見て

「俺も話せるようになりたい!!」と思いました。本当にかっこよかった。

 

 

 

ここでは、今まで自分があったことのないような人たちがわんさかいたのでとっても刺激になりました。

もっとスケボーが上手くなったら、自信持って話に行けるようになるな…と思い、ここから、方向を変えたり、スピードを増すことが出来る「チクタク」という技に練習しました。

 

こんな感じです。

www.youtube.com

 

まあ、またこれが簡単そうに見えるのですが、これがまた鬼難しいのです…