たいちのブログ

belong:Titech→化学を専攻/Interest:Education→教育事業NATS代表/New experiences→毎週なんかします/hamburger→大好き/Horse Racing→地方競馬中心/Idol→ハロプロ、フィロのス推し

10分作成ブログ Part3 競馬について

最高な曲でした。この2人がコラボするのは素晴らしい。

www.youtube.com

 

今日はなんとなく競馬について。

競馬は、日本以外にも、アメリカ、イギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、オーストラリア、カナダ、イタリア、香港、ドバイなど、いろんなところで行われています。

 

今の日本の競馬のレベルはとても高いです。

 

 

今から35年前に、「ジャパンカップ」という、日本に海外の馬を招待してレースさせるというレースが始まりました。

第一回ジャパンカップは、海外の馬が1着から4着まで上位を独占し、第二回もボコボコにさせられました。

ようやく日本馬が勝ったのは第四回なのですが、その後も基本的には、日本の馬は海外の馬に負け続けてきました。

 

なぜそんなに日本の馬は勝てなかったのか?

日本の馬は、長い距離を走る馬が優遇されていて、早くても短い距離しか走れない馬は評価が低く、種牡馬(競走馬の父)になることはあまりありませんでした。

そこで、日本の牧場は、海外からスピードのある種牡馬を輸入していきます。

そして大当たりしたのが、サンデーサイレンスという種牡馬アメリカのダービーを勝っているのですが、アメリカはどんな成績を残しても血統がよくないと評価がよくなかったので、アメリカから容易に買うことができたのです。

 

この馬の子は気性が荒いがよく走る。

結果的に、日本のスーパーホースの多くがお父さんがサンデーサイレンスだったりします。ディープインパクトもそのうちの一つです。

 

そのおかげでジャパンカップも容易に日本馬が勝てるようになりました。

驚くかもしれないですが、7年連続でサンデーサイレンスの孫、もしくはひ孫がレースに勝ってます。

 

日本の種牡馬も多くがサンデーサイレンスの子孫です。

 

多様性が減って少しさみしいな、と思う今日の競馬です。

 

でも、日本馬が強くなったのはとても嬉しいことです。